新座阿波踊り振興協会について

新座阿波おどり振興協会

阿波おどりの振興と啓発をめざして

 

新座阿波踊り振興協会の生い立ち


新座阿波踊り

2014(平成26)年7月19日開催の第32回新座阿波踊りをもって志木駅南口から新座中央通りで開催されていた新座阿波踊りは、運営継続の困難さにより、この開催をもってその歴史に幕を閉じることとなりました。


大江戸新座祭りと新座阿波踊り振興協会

 新座阿波踊りはその幕を閉じることになりましたが、32年の歴史によって培われた阿波踊りは新座市の中でしっかりと育っていました。

 既に市内には10連の阿波踊り連があり、また、これまで多くの阿波踊りファンの皆様からの声もあり、「新座阿波踊り」は終わってしまったが、 形を変えて新たに阿波踊りができる場を作ろう、何とか阿波踊りを続けさせてもらいたい!という熱い思い、そして新座市を盛り上げていこう! ということでに有志の皆様も尽力いただき「大江戸新座祭り」と命名し、その実行委員会が立ち上がりました。

 そして実行委員会の皆様のおかげで何とか「大江戸新座祭り」の開催に目処が立ち、これを機に2014(平成26)年10月17日に正式に市内の阿波踊り連を中心とした 「新座阿波踊り振興協会」が発足しました。

 まだまだ発足したばかりで大きな動きはできませんが、少しずつ着実に阿波踊りを普及させ、新座市、埼玉県を盛り上げていく所存です。 私たちの活動は、このホームページやフェイスブックを中心に発信していきますので、ぜひとも熱い応援をよろしくお願います。


新座阿波踊り振興協会について